よく女性誌や美容の本には、小顔に美肌、痩身、デトックス効果、免疫の向上などなど、リンパの流れを良くすれば全部うまくいく!という嬉しくなるようなフレーズが載っている。
例えるなら…今、PCを見ながら頬杖をついていますか?実はこのクセは掌の力を全開でほっぺたへ当てて、繊細な皮膚に負担をかけてしまうことに繋がるのでお勧めできません。
日本皮膚科学会の判別基準は、①強い痒み、②特徴のある皮疹とその分布場所、③慢性で反復性もある経過、3点すべて該当するものをアトピー(atopic dermatitis)と呼ぶ。
その時に皮膚科医が活用するのが、ビタミンC誘導体。外用抗菌薬と一緒に使うと半年くらいで完治に持ってこれたケースが多いようだ。
美白指向には、1990年代前半から徐々に女子高校生などに支持を得たガングロなど、不自然なぐらい過度に日焼けする奇異な渋谷系ギャルファッションへの対抗文化ともとれる精神が入っているのだ。
身体に歪みが起こると、臓器同士が圧迫し合うので、他の内臓も引っ張られるため、位置の異常、臓器の変形、血液や細胞の組織液の生成、ホルモンの分泌にも悪い影響を与えるということです。
乾燥による掻痒感の原因の大半は、老化に伴うセラミドと皮脂の量の衰えや、洗顔料などの過度使用に縁る皮ふのブロック機能の落ち込みによって発現します。
身体に歪みが起こると、臓器が互いに押し合い、それ以外の臓器も引っ張り合うので、位置異常、内臓の変形、血液や細胞の組織液に加えてホルモン分泌にもあまり望ましくない影響を与えます。
つい時間を忘れてパソコンのモニターに見入ってしまい、眉間にはしわ、その上に口角の下がったへの字ぐち(余談ですが私はシルエットが似ているので「富士山ぐち」と呼んだりします)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。
「デトックス」という言葉そのものはさほど目新しいものではないが、あくまでもこれは「代替医療」や「健康法」の一種に過ぎないのであり、違うことを知っている人は意外なまでに少ないようである。
化粧品による老化対策「老け顔」大脱出キャンペーン!自分自身の肌質を分析して、あなたにぴったりの基礎化粧品を選択し、臨機応変にスキンケアすることで今すぐ「老け顔」から抜け出しましょう。
メイクの欠点:メイク直しをする必要がある。素顔の時の落胆。コスメの出費が結構痛い。すっぴんでは出かけられない強迫観念のような呪縛。
我が国では、肌が白くて黄ぐすみや濃いシミが存在しない状態を良しとする感覚は以前から広まっていて、「色の白いは七難隠す」という諺もある。
なんとかできないものかという気持ちに駆られてマッサージしてしまう方もいるようですが、特に目の下の表皮は薄いので、強く力任せのマッサージであれば悪影響をもたらします。
爪の伸び方は樹木の年輪のように刻まれるというものであるために、その時点の体調が爪に出ることが多く、髪と等しく視認できて気付きやすいことから健康のバロメーターとも言われる。